☆4回生前期の目標★

・要卒単位全取り
・Reuniv
・編入試験

Kyo Naviはこちら→Kyo Navi

知識蓄えblog→反駁するためのblog



2006年03月06日

変化前。

image/freies-leben-2006-03-06T03:12:19-1.jpg

ふふふ…


今日の午後に変化します…


フフフ…




そして風邪は未だ治らず。
どーなってんだぁ??(よつば風)
posted by sayu at 03:12| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | from k-tai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

うがーっ。

とりあえず。

昨日の夜は、こうぐわーっと、どぅわーっと、もやもやーっとしてて中々寝れませんでした・・・。


まぁ、なんでかってーと、この前の記事へのコメントがね・・・。


まぁ、そのコメント見て、何言ってんじゃぁっ!って感情的になるのを抑えて冷静になったつもりでコメント返ししたのですが、まぁ、熱くなってたんですよね。結局。


ネット上では感情的になるのはやめよう、、と思っているわけで。。。。

過去それで何回か苦い思いしてるので。

感情的になるのは、オフラインで面と向かって話してる時だけにしよう、と。

まぁ、こんなこと書くと「感情で話をするのは意味がない」とか言われそうですが。



とりあえず、まだ3週間ですよ。ほんま。

やめてよ。これ以上余計な感情出させないでよ。



私は第三者であるし、教え子ってだけだけど、同じコトをご遺族の方に言えますか?

ホントごめん。考えてよ。

感情を否定するのはやめてください。ホント、もう。



ってことで、CARL氏。代弁どもです。


とりあえずコメントは残すけども、人の気持ちってものをもうちょっと考えてもの言ってください。
posted by sayu at 00:18| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

開催告知

来る2006年3月12日(日)京都会館第二ホールにて
 LIVE KIDS Vol.16
アマチュアミュージック&ダンスフェスタ2006を開催いたします。
全国レベルのアーティストが出演してきた、アマチュアミュージックとダンスの祭典、ライブキッズ!
今年で16回目をむかえます。
予選を勝ち抜いたミュージシャン、ダンサーがコンテスト形式で争います。

○ 開催日 ○
2006年3月12日(日)

○ 開催場所 ○
京都会館第2ホール

○ DANCE部門     12:00〜15:00 ○
01 Jaguars
02 本当に踊れるの?
03 Girl-Be Bee
04 NEW Revers
05 京都文教高校ヒップホップダンス同好会
06 B-twist
07 佛Ritz
08 GALDY
09 S.H.O
10 京都外国語大学西高等学校
11 1GNITER
12 インリン・リナ・ジョイトイ
13 TRINITY
14 INSIDE OUT
15 BOUNCE
16 舞姫
17 FORANGE
18 ぽめらにあん
19 D-ASH!〜The・Reality・of・Magic〜
20 Miracles-T
21 Hip-BOO
22 Next Mime Crew
23 明石ジャズダンスファクトリー
24 Janeil
25 elf
ダンスバトル・抽選会アリ☆

○ MUSIC部門  16:00〜21:00 ○
01 Project'05
02 飴色フーガ
03 唄時雨
04 THE OPENING CLOUD
05 piece:clover
06 Run fools 5
07 CENAL
08 ハチミツメロン
09 PRIMARY COLOR
10 三宮志要團
11 Lot Crew
12 美人娘
13 WEED
14 西彩とアニマルマニア
15 Sexual Celebration
Guest:LIVE KIDS Vol.15 一般部門グランプリ
               「SOUNDS GREAT」
抽選会アリ☆

入場無料!!!!


音楽・ダンス好きなすべての人に贈るホットなイベントです。
当日は抽選会も予定しています。
沢山の音楽・ダンス好きの皆さんのご来場、心からお待ちしています。
このライブキッズというイベントを一緒に盛り上げてください!!!

━━━▼ お問い合わせは・・・▼━━━━━━━━
(財)京都市ユースサービス協会「ライブキッズ運営事務局」係  
 ●〒604-8147 京都市中京区東洞院通六角下ル御射山町262
       京都市中京青少年活動センター内
  (水曜日を除く平日10:00〜21:00/休・祝日10:00〜18:00)
 ●TEL075-213-3681
 ●FAX075-231-1231
 ●E-MAIL k.y.serv@kyoto.email.ne.jp
 ●U R L http://www.ys-kyoto.org/livekids2006
 ●携帯はこちら http://www.ys-kyoto.org/lk
posted by sayu at 23:21| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | LIVE KIDS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

校歌。

校歌、と言えば小学校の時のと中高の時の、という感じ。

どちらも6年間だったからどっちも覚えてる。


そして大学の校歌は知らないw



今日、久々に歌った。歌えた。そりゃ中学卒業の時、高1のオリエンテーション合宿の時、高校卒業の時、実はそれくらいしか歌う機会はなかったにも関わらず、私の中で「校歌」といえば、「赤き血潮〜」と始まるコレしかない。


今日の同窓会でも、意外にみんな歌ってた。あの場のノリとかもあったかもしれないけど、それは凄いことだと思った。歌えちゃうんだもん。恥ずかしがらずに。

肩を組んで、とかそんなのはなかったけど(父の従兄弟の披露宴では立命出身の人らは肩くんで歌ったらしい)なんか、いいなと思った。



長山先生と一昨年亡くなった同級生への黙祷から始まった同窓会。


この同窓会で知った人もいるんだろうけど。


私は先生や同級生が「いない」という実感がまだわかない。


先生に関しては、高校に行って、教員室や社準やプールに行って、初めてソレを実感するんだろうな。


高校へ行こうとも思ってるけど、それが怖くて行けない。




中1の時の担任の先生と話してて、長山先生のことになって、涙が出てきそうになった。

同期だったんだよね。その先生と長山先生。

たぶん、私たちとは違った想いを感じられてたんだと思う。



今日集まった170人。

今後、これだけの人数が集まっての同窓会はないかもしれない。



今日の場に長山先生がいてほしかった。

そう思うのは、先生が「いない」と認識してるからなんだろう、と思う。




なんだかまとまらないけど、とりあえず。
posted by sayu at 02:26| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Rits | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

明日は。

image/freies-leben-2006-02-28T13:34:06-1.jpg

母校の卒業式らしい。


思い起こせば去年のこの時期に原チャでこけた。しかも産廃処理場の砂利道で。

あ、思い出した。

高1ん時かなんかにその産廃処理場を見に行くってのを長山さんが計画してはったなぁ。

ウチはいつも見てたから行かなかったんだけど。



というか去年の今ごろはいっぱいいっぱいやったなぁ。

ブログも書けないくらいに。

去年の2月の投稿数が一番少ないんだよな。



いや、まぁでも一番頑張ってたよなぁ。うん。



そうそう。

心境の変化ってわけじゃないですが人を嫌うのやめました。

その人はその人でそういうもんなんやっていう認識でいこうかと。

その人自身に自分の感情つけんのやめようと。


やからウチの嫌いな人ってのはいなくなるわけです。


なんか人のことをそういう感情で見続けるのに飽きた。めんどい。


いいよ。もう。好き勝手言ってなさいな。


ま、ようは考えないようになるだけ、というかどうでもいいだけだし。


そ、もうどうでもいいや。




あーなんか暗い独り言になったな。

うん。まぁそういうことで☆
posted by sayu at 13:34| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | from k-tai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中途半端からの脱却。

mixi日記と内容一緒。


まず初めに、ライブキッズ、Reuniv、SASその他諸々、私が関係している活動に関わっている人への謝罪から。






すまみせん。













違う。すみません。

あ、まじめに書こうかと思ってたんだけど、それだと堅くなりすぎるような気がするので、まぁ、あえて。


なんというか、BGMはBeethoven 交響曲第9番「合唱」第4楽章でいきます。



今日、10日ぶりくらいに自分のために外に出る気になりまして。

チャリで四条まで。新しくBALに入ったジュンク堂まで、ぶらぶらと。


その道中に、どぅぁっと気づきまして。


今の自分には必死になってるものがないな、と。


なんというか、「勉強」を理由になにもかもが中途半端なんじゃないか、と。


しかも、「勉強」までもが中途半端。


2月の前半からルーズになりつつある生活スタイルを見ても、なんというか、中途半端であったことが原因かな、と。

で、半ばには哀しい出来事もあって、そのときには「ちゃんとしないと」と思ったけども、また元の生活スタイルに戻ってしまった。


これやらなな、あれやらなな、と思いはするけど、手をつけてない。
卒論に関する調査で、小学生が春休みに入ってからやろうと思ってるのに、そのことに関して教授とお話もしてない。
ライブキッズの開催告知プロモやらなな、と思ってても、なんというか動いていいんやろか、っていうのを理由にして動いてない。
Reunivに関しても、Kyo Naviつくらな、って思ってても実際できてない。
SASに関してはこうしったらいいんちゃうん、的なことは考えてはいるけども、ミーティングにも行けないし、しかもSAS自体にも最近参加できてない。


なんじゃこりゃー、とチャリこいでて、できてないことばかりが出てきて。


たしかに1月末から引いてる風邪は治らない(というか風邪のぶり返しが続いてる)し、咳がかなり出てしんどいときもあるけど、これだけ何もかもに一生懸命になれないのは、ちょっと自分的におかしいんじゃないか、と思い始めた。


ちなみに部屋の片づけもやらなあかんのです。しかしできていない。今手をつけ始めたけど。日記書いてるけどw



んで、主な要因は「1番」がないことかな、と。


今、自分がせなあかんことは編入のための「勉強」であって、他の活動はそれより下なんだ、と位置づけてきてた。


そこが、あかんかったかな、と。



ライブキッズも
Reunivも
SASも
卒論も

1番じゃない。


そう思ってることが、これだけ中途半端に関わることになった一番の要因なんじゃないかな、と。



最近、編入のための「勉強」って何やろう、と考えていて。

編入をうけつけてる大学のHPやらを見て、求められてるものは何かな、と分析(というか分類)してみたら、ウチが受けようとしてる個性重視の大学は、やはり多彩な考え方や感じ方を持っていて、そして大学4年間で何を学び、どうやってそれを医学に活かしたいのかをちゃんと考えることができないとダメなんだろうな、と感じた。

じゃぁ、生物やら英語やらの学力試験はおろそかにしてもいいのか、と言われるとそうでもない。ある一定の学力は必要であり、そこでふるい落とされる。なんとか面接まで持って行くにしても、学力試験はなんとしてもクリアしなきゃいけない。

じゃぁ、ある一定のレベルにまで持って行けばいいことじゃないんだろうか。

じゃぁ、
編入のための「勉強」を1番に持ってこなくても、2番あたりに置いて、コンスタントに的をしぼってやっていけばいいんじゃないか。


と、四条までの30分間、そしてジュンク堂でぶらぶらとフロアをまわりながら考えた。


だから、編入のための「勉強」は、生物の大学受験用問題集の標準レベルを1冊とりあえずやるのと難レベルの1冊を2,3回やること、TIME紙を速読したあと、訳すこと、の2つに絞ることにした。

あとは、志望理由書を書くことと、小論文を書く練習をすること。
これは4月からで間に合う。


ということで、Reunivの活動に重きを置いて、4月いっぱいまでやっていこうと思う。

1.2番でライブキッズ。
泣いても笑ってもあと2週間を切ってしまっているので、当面はこっちを優先させる。


なので、SASは人数も足りてるようなので、補充メンバーになりたいな、と思ってる。でも、これはまだ代表に相談もしてないし、そこは相談してから決めるとして。



ということで、さゆっぺは中途半端から脱却します!
posted by sayu at 00:01| 京都 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | まじめに語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

リンク。

長山先生の息子さんのサイト
「Niratopia:http://niratopia.net/
息子さん作成の
「長山徹追悼サイト:http://niratopia.net/nagayama/
へのリンクを張りました。

オススメリンクからもどうぞ。


なぜかコメントできないので、ここで。

CARL氏>
いろんな「長山先生」がいはりますよねぇ。。
上位にあがってくるblogは全員元水泳部やったりしますが(苦笑)

MSNサーチ使う人っているんですかね。。。って、IEにはついてるのか。
IE嫌いだから使わないしなぁ〜。
posted by sayu at 02:08| 京都 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

そうか。。

先生の息子さんのサイトで、先生があの時間に家を出てた理由がわかった。。

一人で行っちゃうあたりが流石だな。月曜やったし、空いてるやろうし、思う存分滑れると思ったんやろな。


そういえば。

先生と撮った写真がないことに気付いた。


デジカメ持ち始めたのが高校卒業してからで。

卒業式ん時に、先生と撮った記憶がない。。でも、誰かに撮ってもらってたかもしれない。

さっき、写真を全部見てたら、先輩の時の卒業式で、先輩と先生が写ってるのがあった。

たぶん、それは先輩にあげたんだろうけど、ネガの在処がわからない。。。

OB会で写真撮った記憶がない。

先生が写ってるものといえば卒業アルバムだけか。。今のトコ。


なんというか、ウチだけが持ってる、ってものが欲しいなぁ。。


なんというか、高3の府下大会のあとに写真を撮った気がするんだけど・・・?

そこらへんどうだったかな・・・。
posted by sayu at 04:44| 京都 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

なんじゃこりゃー!

はい、みんな検索かけすぎ。

先生の名前でググったらウチのブログトップで出てくんじゃん。

いやぁ。まいった。

ってか、ブログタイトルに名前入ってるあたりでバレるかもぢゃん。いろんな人に。

いや、別にバレてもええけどさぁ。


とりあえず昨日のカウントが222ってのにびっくりした。

久々じゃん?200超えんの。


ちゃんとこっちも更新しなきゃだよねぇ。



ま、とりあえず、先生の名前で検索してきた人はコメントなりなんなり一言くださいな。
posted by sayu at 04:57| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

今年は

image/freies-leben-2006-02-20T14:00:44-1.jpg

34名いるらしい。3倍やな。10年前と。
posted by sayu at 14:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | from k-tai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

image/freies-leben-2006-02-20T13:55:59-1.jpg

なんだこの手は。
posted by sayu at 13:56| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | from k-tai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

長山徹という人

故・長山徹(53)

こんな人だったんです。


長山徹を端的に表す言葉
・関東弁
・白いポロシャツ
・白いGパン
・ウェストポーチ
・PDA
・サングラス
・アメリカンコーヒー
・社会科準備室
・Mac
・生徒の前では吸わない煙草
・教え子の前で時々吸う煙草
・裸足
・馬鹿だね〜
・隙がない理論
・自分を飾らない
・取り繕わない
・良く言って正直,素直、悪く言って頑固
・教え子を時々名前で呼ぶ(名字じゃなくて)
・神




初めて会ったのは、たしかプール。

パラソルの下でサングラスかけて帽子かぶって、本を読んでる、そんな感じ。

高校水泳部の顧問、っていうのだけ知ってて、当時は1,2コースに割り当てられてた中学水泳部のコースで泳ぎながら、関東弁でしゃべる奇妙な先生、そう思ってた。


高校に入学して、はじめての政経の授業。

担当は長山。教科書は使わない、教科書通りのことはやらない、これは現社だ、などと言い放ち、「君たち馬鹿だねぇ」をくり返す。

私はそれに反発を覚えたことはなかったけど、そう言わせないように、そう言われないように、なにくそ、とは思っていた。

1組の担任でもあり、「嫌いな先生の科目をしっかりやったら、何も言われなくなるんだよ」と言って、1組の政経の平均点が一番上だったことを笑いながら言ってはったのを覚えている。

政経の授業でやったMESE。市場のなんたるかを身をもって理解できる素晴らしい教材だった。


みんなに一歩遅れて5月に水泳部に入部してからも、中学の頃に感じた通り、奇妙な顧問だった。

自分たちで勝手にやれ、とばかりにプールサイドでは本を開ける。

「水の中往復して何が楽しいの?」と、水泳部員に言い放つ。いや、まぁ、楽しいんですけどね?

高1の秋季大会、いわゆる新人戦の時に遅刻。。。2コンか4コンかに出場する予定やったワカコが、顧問不在のせいで出れへん!どないしよ!って中でミカリン登場で、ギリギリセーフで出れた、なんて話が1つ目。

高3の春季大会、いわゆる高校総体の時に遅刻。。。男子のリレーが、顧問不在のせいで出れへん!どないしよ!って中で、前年度副顧問やったコンちゃんがたまたま太陽が丘担当やって、ひっぱってきてギリギリセーフで出れた(たしか出れた)、なんて話が2つ目。


高3時、理系倫理担当。

女性のウェストヒップ比、アスワンハイダム、磯焼け、水俣病、シュレディンガーの猫、そして超常現象。

どの題材もおもしろかったし、楽しかったし、なによりも、考えさせられた。

今でも覚えてる。

高校最後の学年末テスト。

理系倫理のテスト内容。

長山批判。


自分を批判しなさい、なんていう先生はいるかもしれないが、それをテストの課題にする先生なんてどこを探してもいないと思う。


そんな人だった。

顧問としてどうとか、教員としてどうとか、そんなことはどうでもよくて、人として、長山徹という人は教師だった。

理系倫理の授業では、「答え」はなかった。

それぞれ考えて行き着く先が「答え」

そういう授業だった。



卒業の時にもらった木村賞。

学外活動を結構していたからもらったのだけども、それを進言してくれたのが、先生だった。



卒業してからも、メールや、掲示板でやりとりは続けていた。

年に一度のOB会が楽しみだった。



とーまがblogで、柏野が「死んだらあかん人」と言っていた、と書いていた。


そう。ほんまに、死んだらあかん人や。。

これからの立命に必要な人だった。

これからの日本に必要な人だった。

教育者たるべき者すべてに彼を知ってもらいたかった。



そして、崩しようもない長山理論をまだウチは崩してない。


それだけじゃない。


まだまだ、聞きたいことはたくさんあった。たくさんあったのに。。。



この人に認めてもらおう、褒めてもらいたい、卒業してからもそう思ってた。

すごいことには、すげーじゃん、やるじゃん、なんて言う人だったけど、あまり生徒を褒めない人だった。



大きくなって、高校に報告しに行って、世間話をしたかった。





とりあえず、これくらい。

また、思い出して書くと思う。
posted by sayu at 23:14| 京都 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | まじめに語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと。

復活した。

長かったなー。メンテナンス。
posted by sayu at 00:00| 京都 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

今日

前夜式です。

昨日、お数珠とか用意したんだけど、そのあとで無宗教式と知る。


そんな気はしてた。





今日も朝から曇り空。


そして雨になるという。



みんな、泣くな。


泣くから雨になるんだよ。



晴れてほしい。


明日。


先生が旅立つその日には、冬の寒い晴れた日であってほしい。
posted by sayu at 11:37| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

no-title

先生。

長山先生。

長山さん。

長山。

徹さん。




どう呼んでも、返ってくる声はなくなってしまったんだね。


さゆこ、と呼ぶ先生もいなくなってしまったんだね。
posted by sayu at 12:21| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | from k-tai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。