☆4回生前期の目標★

・要卒単位全取り
・Reuniv
・編入試験

Kyo Naviはこちら→Kyo Navi

知識蓄えblog→反駁するためのblog



2005年10月15日

活字中毒

またまた活字読み足りないぜ☆期間がやってきました。

波があるんですよねぇ。。文字なんか読みたくない!!って期間もあるし。


とりあえずこんなときは小説から論文まで、ありとあらゆる読み物が読みたくなります。


ついこの間読み終わった「春の雪」by三島由紀夫、のレビューはまたのちほど。


今日は、「唯川恵」の作品を読むか否か、です。


現代女性作家の作品で何回読み返しても飽きないのは次の2つ。


きらきらひかる


流しのしたの骨


ともに江國香織さんの作品。

次にお気に入りなのがコレ。


ぼくは勉強ができない


山田詠美さんの作品。


「ぼくは勉強ができない」に出会ったのは、小学校6年の時。

中学受験用の国語の分厚い問題集(全国の私立中学の過去問集)の中。

主人公の秀美君が小学校4年生の時のことの描写。

受験が終わって、中学に入ってから図書室で早速見つけて読みました。

そのとき思ったのは、主人公は小学生じゃなかったんだ、ってこと(笑

高校生の、しかも結構早熟した高校生のお話だったから。

読み終わってから、他の作品も読みました。図書室にあったのは全部。

どれも性に関する描写なんかがあって、ドキドキしながら読んだものです。


「きらきらひかる」に出会ったのは、TVで「きらきらひかる」っていうドラマがやってた時のこと。

そのドラマは法医学に携わる女性たちの話で、好きだったので、ふと本屋さんで同じタイトルの小説に出会って、即購入。

そのときは、その小説が原作なんだと思ってたんですよねぇ。

帰って読んでみて、「あれ?違う?」と思ったのは読み始めた一瞬だけで、そのあとはその「きらきらひかる」の世界に取り込まれました。

その作品には、「愛」というものの様々な形がえがかれているなぁ、、と感じました。

この作品に関しては、何十回と読み返してるので、いろんな解釈ができそうなんだけど、いつも解釈なんかせずに、その世界に触れていたいために、要は自分の状態が不安定な時に読みたくなるので、あまり深い解釈なんかできません。。

江國香織さんにハマったのは、それからのこと。

彼女が書いた作品はほとんど持ってます。最近出たのとかは買ってないですが。

そして出会ったのが「流しの下の骨」。

私にとっては、江國香織さんの作品の中で、この二つの印象が強すぎて、他の作品に関してはイマイチだなぁ、と思ってしまっています。

言葉に表せない(表せてたら読書感想文書くの好きだって)のが哀しいけども、たぶん、人によって感性ってのはマチマチだから、私ほどの感銘を受けるかどうかはわからないけども、この3作品は一度読んでほしいと思います。


で、「唯川恵」さん。

あと、「村山由佳」さん。


恋愛モノの小説は嫌いじゃありません。

ハッピーエンドなモノでも、恋が終わってしまうモノでも。

でもですね。

このお二方に関しては、未だに踏み込めずにいます。

なんでだろうね。


友達は、江國香織とか好きだったら、ハマるよ〜〜って言ってくれます。

実を言うと唯川恵さんに関しては、短編を読んだことあるので、嫌いな書き方してる人じゃない、ってのはわかってます。

それでもなんで読めないのか。読まないのか。


もし、この二方の作品を読んだことがある人がいらっしゃったら、どこが良いとか教えていただけますかねぇ?

私の心を揺り動かしてください(笑
posted by sayu at 12:07| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

HARRY POTTER and the Half-Blood Prince

05-07-17_22-23.jpg


ということで、6作目も原書で読もうと思います。


5作目より薄い感じ。

05-07-17_22-27.jpg

左から順に1作目から並んでおります。

大きさが違うのは、1作目の賢者の石を友達にカナダで買ってきてもらったから。

2〜4作目は普通に本屋さんで売ってる時に買ったからペーパーブック版。

5作目は発売日に買ったからハードブック。

6作目もAmazonで予約して買ったからハードブック。

ペーパーブック版まで待っても良かったんだけどねぇ。。。US版はペーパーブックなんやったかな。。でも、UK版のほうが良くて結局予約してハードブック。


あさってからの学校へのお供になりそうですな♪♪
posted by sayu at 22:33| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

レボリューション No.3


レヴォリューション No.3


「フライ、ダディ、フライ」は当然のごとく観に行く予定なのですが。

学校の購買では原作が入荷されてないので、哀しい・・・

ので、「フライ〜」と同じメンバーが登場する、レボリューション No.3を購入〜☆


金城さんの書く本っていうのは、おもしろい!!

岡田君がやる舜臣(スンシン)、かっこいい。。。かっこよすぎ。


在日の問題やら絡んでるはずなんだけども、そんなことが気にならないくらい。


本では暴力描写もそこまで激しくないから、、、GOとか映画だとちょっとキツイなぁ、、とも思ったけども。
(パッチギは正直キツかった^^;)


ゾンビーズかっちょえぇ〜!!と思いますよ☆これ読んだら★

あんまりレビューになってないぢゃん・・・orz
posted by sayu at 01:03| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

博士の愛した数式


博士の愛した数式


眠さも忘れて読みふけってしまいました。

主たる登場人物は、家政婦の私、家政婦として行く家に住む数学博士、私の息子ルート、そして博士の義姉。

博士は数学の博士。

しかし、事故が元で記憶として残っているのは事故の前までで、また、今現在からきっかり80分前のことしか記憶していられない。

博士のコミュニケーション手段は数学であり、数字である。

今までに9人もの家政婦が雇われてきたが、誰も長く続かず。

しかし、「私」は博士の語る「数学」そして「数字」に興味をひかれ、奇妙な毎日を博士とともに過ごしていくこととなる。

私の10歳の息子のことを「ルート」と呼び、博士はルートと私と共に日々忘れ去られる今を過ごしていく。


博士がとる行動にまつわる様々な定理や論証。

日ごとに崩れていく80分ルール。

博士と義姉との関係は?




博士とルートが好きな野球と織り交ぜながら、奇妙だけども素敵な博士とルートと私の関係を書いた作品。




流れによどみがないです。

「数学」嫌いだと思ってる人に是非読んでもらいたい。

素晴らしく素敵な数学に気づかされ、なおかつ人への愛にも気づかせてくれる作品です。
posted by sayu at 03:24| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

quarter m@on(クォータームーン)written by 中井 拓志

実は友達にだいぶ前に借りて読んでたんですけどね。
最近、本棚の本を見ていて、あ、あの話はどの本だったっけ、、、とありもしない本をずっと探していて、ようやっと友達に借りた本やったことを思いましたました(爆)
もう一度読み返してみてもおもしろいかも、ってことで、明日にでも本屋に探しに行こうと思います。

で、レヴュー。
さっきネットで検索とかしてたんですが、この作品1999年に書かれてるんですよ。
99年って言ったら、ウチが中3の時です。
この時期にネットにハマってるのってまだ一部の人たちやったハズなんですが、見事にネットのイイトコ、悪いトコを把握してて世界をつくってます。
今でこそ、チャットや掲示板、なんてものはふっつーに使われてますが、5年前はそうもいかなかったよなぁ。。
ネットがなんらかの形で関わっている犯罪なんてのもなかった(ハズ)。
それを考えると、かぁなり先を行ってた作品なんやと思います。

で、こんなこと書いててもいったいどんな話なんか全然わからないと思いますんで、ちょこっとあらすじ。
岡山県内のある市で、女子生徒2人が「わたしのHuckleberry friend」という置き書きを残して投身自殺を図る。
そのあとも同じ置き書きを残して自殺する教師やら生徒が相次ぐ。
この事件の謎を解くために、おっちゃん刑事と若手のキャリア(やったかな)刑事が奔走。
自殺した人たちがすべて一つの地区に関わっていることから、その地区と学校を調べていくうちに、その地区がイントラネットでつながれたネットワークをつくっていることが判明。
果たして、この奇妙な事件の真相は・・・

ってとこでしょうか。
いや、やっぱミステリーとかホラーとかあんまりネタバレできないじゃないですか。
まぁ、でも、誰もが好きな時に同じ内容のものを見れる、っていうネットの怖さや、集団暗示の怖さなんかも描かれてますね、、、
出てくる中学生の、顔が見えないことの安心感と責任の感じ無さが浮き彫りになってます。
佐世保の事件なんかも、つながるものがあるんじゃないでしょうか、、

先があまり読めないので、一気に読んでしまえます。
ラストは少し衝撃的。なんつー終わり方してくれるの、って感じです。

今手元に本がないんで、うろ覚えやったんですが、結構覚えてるもんやなぁ、ってくらい印象に残る作品です。はい。

トラックバックの方法がイマイチよくわからないんだけど、参考にさせてもらったブログの記事です。
http://fragment.jugem.jp/?eid=156
posted by sayu at 04:13| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月02日

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(ネタバレ含む鴨)

どもー。なんとか体調が元に戻りつつある感じです。
大病院には行かなくても済む感じです。でもまぁ、これも金曜の血液検査の結果次第ですが・・・。

はい、巷じゃぁ、もう大騒ぎですね。ハリポタ5巻日本版やっとこさ発刊。
いやぁ、もう、やっとこさ内容の話を誰にでもできるって感じですよね。
実はもうウチは英語で読んじゃってたんで、ずぅーっといろいろ言いたくてたまらんかったんですよ(笑)

なんてったってあの人が死んでしまう!?(例のあの人、じゃなくてね)

変な高飛車女が暴走する!?

アノ双子が行動開始!?

ハリーブルーな日を送る!?

なんと監督生が!!

闇の魔術に対する防衛術の先生がアノ人!?

アノ冴えないキャラが実は主要人物!?

パッドフット一族は実は・・・!?

赤毛のお父さんが!!

スリザリン寮監の先生とプロングズの過去が!?

新たな主要人物登場!?

ハリーの恋は!?


とまぁ、書きたいことはいろいろありますが、あんまりネタバレではなくなりましたね(笑)
とりあえず細かいところ(知らない動詞や名詞や形容詞や副詞)を気にしなかったらだいたいの流れは英語版でもわかるのですよ。
2回目読むときに調べたらいい話です。
まぁ、1回目でも1文中に知らん単語ばっかの場合はさすがに調べましたケドね・・・
まぁ、あとこの作者さんは新たな名詞を作るのが大好き☆なので辞書なんかには絶対載ってないのも結構あります☆

ってなかんじで、まぁ、読んでみるのも一興だと思いますよ☆
ウチは早く6巻が出ないか焦れています☆
posted by sayu at 00:51| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。