☆4回生前期の目標★

・要卒単位全取り
・Reuniv
・編入試験

Kyo Naviはこちら→Kyo Navi

知識蓄えblog→反駁するためのblog



2006年05月01日

水俣病。

水俣病公式確認から50年。


そういえば、理系倫理の授業で水俣病の歴史についてやったんだった。


当時のテスト対策用のまとめが残ってたから、載せてみます。


水俣病を題材にしたNHKかなんかの特集のビデオを観たりしたまとめです。



--------------------------------

水俣病の歴史
チッソ会社の敗因

☆構成人物
国の人:汲田;水俣病対策を考える人
本社の人:入江
水俣工場の人:西田;工場長
       太田;工場長の秘書
       上妻;技術部で研究
       由佐;
       塩出;母液に有機水銀化合物が混ざっていることを発見
       中村;酢酸課長
       市川;熊大の研究結果への反論書作成
       石原;母液から有機水銀の検出に成功
チッソ病院の医師:小嶋,細川(病院長)

☆チッソ会社の歩みと水俣病の歴史
   戦前   チッソ会社はダムと水力発電所により、朝鮮で成功。
        肥料などを作る8万人もの規模の化学メーカーだった。

   戦後   朝鮮でやっていけなくなったので、生き残っていた
        上層部の人達で水俣にまた工場を造る。
        朝鮮と同じ手法(ダム&水力発電)で行おうとした。

昭和24年   インフレによりダム建設中止
         →資金繰りのためにアセトアルデヒドを大増産
           →排水を水俣湾に流す

昭和26年   技術部にいた塩出氏はアセトアルデヒドを作る途中
        有機水銀化合物ができると実証。その有機水銀化合
        物ができる液(母液)があふれ出て排水に混じるこ
        とを中村氏に報告。アセトアルデヒド増産のための
        新しい機械の欠陥を指摘するが、取り合われず。
          ←このころは母液に有機水銀化合物ができても
           すぐに分解すると思われていた。
           だからずっと母液に有機水銀が混ざってると
           は思われていなかった。

昭和28年   カラスやネコがおかしな行動をとるようになる。

昭和31年4/21 チッソ付属病院に、口がきけなく、手が利かなく、
         痙攣を起こした6歳の女の子が運び込まれる。
     
     5/1  小嶋医師は熊本県に奇病発生を報告
        その後次々と同じような症状の患者が運び込まれる
                       ↑
                水俣湾を囲むように暮らして
                いる漁民とその家族
                 →何らかの原因で魚が汚染
                  されている。工場が原因か?

       アセトアルデヒドの生産によって奇病が起こることは
       ない、とチッソが発表。
         ←排水が原因なのではないか。
           →アセトアルデヒド生産量は戦前と変わって
            いない。戦前に奇病は発生していない。

        熊本大学が工場排水が原因だ、と発表。
               ↓
         チッソでも技術部が研究開始。

昭和32年   太田氏が、海が干潮の時、排水口を見に行った。
         →ヘドロがたまり、魚や貝が死んでいる。
                 ↓
              西田氏に報告
               →満潮の海を見に行く。
                「海は普通の状態じゃないか」

昭和33年9/18 入江氏が西田氏を訪ねる。
          ←工場に原因がないとは言い切れない。
           だからここは熊大と協力して研究しては
           どうか?
            →する必要ない!!と西田氏は反論。
         
        その後排水口を水俣川河口へ。
         →不知火海全域に水俣病が拡がる。

        石油化学が発達してきていたが、それに頼らず、
        昔ながらの手法で工場を動かす。
        アセトアルデヒドが必要なオクタノール
        (ビニールの化合物)が市場を独占し大増産へ。

        チッソ病院にてネコ838匹を使った実験が行わ
        れる。その中の一匹に工場排水を飲ませるという
        実験(ネコ400号実験)を細川医師が勝手に実行。
          →7/21から飲ませ始め10/7に水俣病を発症
        
        反論書作成に任命されていた市川氏はこの事実を
        「たった一つの実験例だから」
        という理由で反論書に載せなかった。

昭和34年1月 熊大の工場排水が原因だという説に反論、
        「爆薬説:海底に沈んでいる爆弾から爆薬が漏れ
        だしているという説」を提示。
         →しかし調査の結果海底に爆弾があった形跡は
          なし。

        この間にネコに排水を飲ませる実験を行ったが、
        症状が薄かったため水俣病ではないと判断され、
        また公表されず。

     7月 熊大が有機水銀中毒説を発表。  
        
     8月 漁民が排水中止を求めて座り込み。

     11/2 不知火海の漁民が工場に乱入、工場排水停止を
        求める。
         →しかし、県の28団体が県知事にチッソの
          操業続行を求める。

     12/30 漁民とチッソの間で見舞金契約
                   ↑
           今後工場が原因だとわかってもこれ以上
           の損害補償を要求できない、という内容。

昭和35年   水俣病対策を考える汲田氏は工場を止められ
        なかった。
        水俣病対策協議会が発足
         →1年でつぶれる。
         →国は原因追及をしようとしなかった。
                &
           高度経済成長がスタート

昭和36年   技術部の石原氏が、母液の中からメチル水銀の
        結晶の検出に成功。
          (このときには社会全体が有機水銀が水俣
           病の原因だと思われていた・・・)
        有機水銀の存在を科学的に証明。
         →上妻氏に報告、butあまり関心示さず。
           →魚に入ってどうなるのかを調べろ、と
            言われる。
            (タンパク質とメチル水銀は結合し、
             無機水銀とあきらかに異なる症状を
             示すと実証する)

        チッソ労働争議の発生!
            ↓
         技術部での水俣病研究が終わる。

昭和40年   新潟水俣病の発生。昭和電工のアセトアルデ
        ヒドが原因。
          ←国も企業も工場を止めなかった。。

昭和40年代  公害深刻化(四日市喘息、川崎病など)

昭和45年   高度経済成長の否定派が肯定派を上回る。

昭和48年   チッソ敗訴
          ←熊本地裁:工場は安全確保の義務を負
           うべきだ、と判決。


   技術者の前に立ちはだかる企業の壁、そして技術者
   が招いた誤り。それらが水俣病を引き起こしたのだ。

(矢印の説明:↑;語句の説明
       ↓;その結果
       →;その結果
       ←;理由、原因、内容)
posted by sayu at 22:45| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

自立支援法案

何の問題もない、かのようなふりをして衆議院をなんなく通過しました。


郵政民営化法案みたいに自らの損益がからむとひたすら動くくせに、自分たちにまったく関係ないコトに関しては、法案を成立させるのがさも当たり前かのような感じがして胸くそ悪い。国会にしてもマスコミにしても。なんなんだ。この差は。




この国に誰もが安心して暮らせる明日はないんじゃないか。




とりあえず、詳しくは明日書きます。
posted by sayu at 03:35| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

きょういく

そうそう。書こうとしたこと思い出したわけじゃないけど、今日高2の子の数学みてあげたんですが(そんなにみてあげれなかったけど・・・)数Bから複素数が消えてた・・・。

複素数平面がなくなるってのは知ってたんですが、数B自体から消えるなんて・・・。

数IIに入ってるらしいですね。複素数は。

ってか、数Bに数列・・・。数列ってかぁ。。。

数Aでも数列やった、とその子は言うてたんですが、数Bの教科書に載ってた数列はウチが受けた数Aでの数列でやったことをほとんど一緒やったんですが。。。じゃぁ、今の数Aの教科書に載ってる数列っていったい何が載ってるんでせうか・・・。


ま、いっか。

で済ませられる、今のうちらの世代。

でも、指導要領がころころ変わる今の子供たちにとっちゃぁたまったもんじゃないですよね。

それもこれも何も知らないお役人や有識者とか言われる人たちが机上の理論ふりかざしてるからじゃーーー!と言いたくなるのはウチだけでしょうか。


とりあえずね。

中学や高校で習う数学や英語なんて社会に出てから役に立たへん、言うて勉強しない子供たちにちゃんと「なんでやるのか」を明示できれば、みんなついてこれると思うのですよ。

誰でも、必要性感じたらやるって。

って、ちょっと違う方向の話かもしれないけども。


それよりも何よりも全員が理解できるようにレベルを下げるんではなくて、全員が理解できるようにフォローできる体制を作ってくべきなのだと思いますねぇ。

それが少人数学級であったり、担任副担任制であったり、習熟度別クラスであったり。

子供たちが学ぶ内容をどうこうするんじゃなくて、教える体制を変えていくことが大事ですね。そう思います。
posted by sayu at 02:23| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

ネット社会とネチケット

小中学生とその親の間でネット利用の意識の差がある、そうだ。

あたかも今取り沙汰されてる問題かのように思われているけど、私の知る限りこれは10年ほど前からあったことだと思っている。

ただ10年前と今の絶対的な違いはネット利用人口が格段に増えていること。

私の場合中1の時からネット環境があって、コンピュータとか好きだったし必然的にネットにはハマっていった口で。

2ちゃんねるなんかもなかった頃。メッセンジャーなんかもなく、わいわいBBSとゆいちゃっととICQの全盛期。

今より格段にネット上は匿名性があった。


運良く私はネット環境のある学校に行き、ネットに関する知識を持った先生に出会い、ネットの中でも運良く良識のあるオトナに出会った。

そのときに出会った良識あるオトナの何人かとは今もつながっている。

掲示板への書き込みから始まって深夜のチャットへ。オフ会への参加。

今ならネットで知り合った人と会うことに危険性を感じない人が多いのかもしれないけど、当時は気をつけなければいけなかった。

そういうことを教えてくれたのもネットの中のオトナの人達。

ネチケットなんて言われたり見たりした記憶はないけれど、私はその人たちのおかげでネチケットを身につけた。


今の子供たちにはそういった大人たちがいない。

親なんて当てになるものか。今から親になる人はまだそういった大人たちになりうるけれど、今の親では難しい。だってよく知らないんだから。

私の親だって知らない。

数値で言えば絶対10年前のほうが親と子の意識の差は激しかったハズ。

まだ改善されていってる方なのではないかと思う。


ただやっぱりちゃんとした倫理観や考えを持っていない若い世代から拡がっていったネット利用やケータイの普及で今までになかった犯罪やなんかが増えたのは事実。

普及してしまっているのを抑制するのではなくもっといい風に良くしていければいいんだけど…
posted by sayu at 09:59| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

この社会の現状 1

知的障害を持つ人達が働く場。作業所。


賃金、50円/1時間




果たして労働量に見合っているのか…

労働の意義というのは、対価が支払われるということではないのだろうか…


それでも。

保護者さんは、作業所で働けるだけでいい、と言わはる。

本人の意思はおいといて。


障碍を持つ人の多くが自立して生きていけない。

障害者と高齢者、いわゆる社会的弱者。

経済面は少しは援助するから生活面は家族が面倒みろ、という社会。

いつまで続くのか。



すべての人々が心地よく生きていくためには、生きていくのにハンディがある人たちに対して社会全体が見守り手助けしていくのがいいんだろうな…


そのためには、自分さえ良ければそれでいい、と思っている子供たちを変え、大人たちが変わっていかなければいけないと思う。
posted by sayu at 12:50| 京都 | Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。