☆4回生前期の目標★

・要卒単位全取り
・Reuniv
・編入試験

Kyo Naviはこちら→Kyo Navi

知識蓄えblog→反駁するためのblog



2006年02月17日

長山徹という人

故・長山徹(53)

こんな人だったんです。


長山徹を端的に表す言葉
・関東弁
・白いポロシャツ
・白いGパン
・ウェストポーチ
・PDA
・サングラス
・アメリカンコーヒー
・社会科準備室
・Mac
・生徒の前では吸わない煙草
・教え子の前で時々吸う煙草
・裸足
・馬鹿だね〜
・隙がない理論
・自分を飾らない
・取り繕わない
・良く言って正直,素直、悪く言って頑固
・教え子を時々名前で呼ぶ(名字じゃなくて)
・神




初めて会ったのは、たしかプール。

パラソルの下でサングラスかけて帽子かぶって、本を読んでる、そんな感じ。

高校水泳部の顧問、っていうのだけ知ってて、当時は1,2コースに割り当てられてた中学水泳部のコースで泳ぎながら、関東弁でしゃべる奇妙な先生、そう思ってた。


高校に入学して、はじめての政経の授業。

担当は長山。教科書は使わない、教科書通りのことはやらない、これは現社だ、などと言い放ち、「君たち馬鹿だねぇ」をくり返す。

私はそれに反発を覚えたことはなかったけど、そう言わせないように、そう言われないように、なにくそ、とは思っていた。

1組の担任でもあり、「嫌いな先生の科目をしっかりやったら、何も言われなくなるんだよ」と言って、1組の政経の平均点が一番上だったことを笑いながら言ってはったのを覚えている。

政経の授業でやったMESE。市場のなんたるかを身をもって理解できる素晴らしい教材だった。


みんなに一歩遅れて5月に水泳部に入部してからも、中学の頃に感じた通り、奇妙な顧問だった。

自分たちで勝手にやれ、とばかりにプールサイドでは本を開ける。

「水の中往復して何が楽しいの?」と、水泳部員に言い放つ。いや、まぁ、楽しいんですけどね?

高1の秋季大会、いわゆる新人戦の時に遅刻。。。2コンか4コンかに出場する予定やったワカコが、顧問不在のせいで出れへん!どないしよ!って中でミカリン登場で、ギリギリセーフで出れた、なんて話が1つ目。

高3の春季大会、いわゆる高校総体の時に遅刻。。。男子のリレーが、顧問不在のせいで出れへん!どないしよ!って中で、前年度副顧問やったコンちゃんがたまたま太陽が丘担当やって、ひっぱってきてギリギリセーフで出れた(たしか出れた)、なんて話が2つ目。


高3時、理系倫理担当。

女性のウェストヒップ比、アスワンハイダム、磯焼け、水俣病、シュレディンガーの猫、そして超常現象。

どの題材もおもしろかったし、楽しかったし、なによりも、考えさせられた。

今でも覚えてる。

高校最後の学年末テスト。

理系倫理のテスト内容。

長山批判。


自分を批判しなさい、なんていう先生はいるかもしれないが、それをテストの課題にする先生なんてどこを探してもいないと思う。


そんな人だった。

顧問としてどうとか、教員としてどうとか、そんなことはどうでもよくて、人として、長山徹という人は教師だった。

理系倫理の授業では、「答え」はなかった。

それぞれ考えて行き着く先が「答え」

そういう授業だった。



卒業の時にもらった木村賞。

学外活動を結構していたからもらったのだけども、それを進言してくれたのが、先生だった。



卒業してからも、メールや、掲示板でやりとりは続けていた。

年に一度のOB会が楽しみだった。



とーまがblogで、柏野が「死んだらあかん人」と言っていた、と書いていた。


そう。ほんまに、死んだらあかん人や。。

これからの立命に必要な人だった。

これからの日本に必要な人だった。

教育者たるべき者すべてに彼を知ってもらいたかった。



そして、崩しようもない長山理論をまだウチは崩してない。


それだけじゃない。


まだまだ、聞きたいことはたくさんあった。たくさんあったのに。。。



この人に認めてもらおう、褒めてもらいたい、卒業してからもそう思ってた。

すごいことには、すげーじゃん、やるじゃん、なんて言う人だったけど、あまり生徒を褒めない人だった。



大きくなって、高校に報告しに行って、世間話をしたかった。





とりあえず、これくらい。

また、思い出して書くと思う。
posted by sayu at 23:14| 京都 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | まじめに語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日の同窓会で長山先生の死を初めて知った。タンクローリー事故は知ってたけど、まさか長山先生だったとは。長山先生の理論は隙だらけだし、簡単に崩せる。長山先生は愚かな事も、間違ったことも言う。長山先生は正直たいした人じゃない。でも、長山先生に話したいことはあったんだ。まさか、その長山先生が死ぬなんて。
Posted by asuto at 2006年03月04日 01:19
まぁ、自分以外の人がどう考えてるかってのは否定しないですけど、私は隙がないと思っているし、彼の理論は彼の理論です。
それが愚かであろうと間違っていると感じようとも、彼がたいした人であったと私は思いますよ。
私の言う「崩す」とasuto君の言う「崩す」は別物でもあると思いますが。

asuto君が知らないんじゃないかな、ってのはHPを見てうすうす気付いてました。知っていたら、もう一つの掲示板に何かしら書き込んでいたと思うので。

そりゃ、先生の言うことを崩そうと思えば崩せたのかもしれません。
でもね。そうやって人の意見のあら探しばっかりすることに意義は感じられない。

大切なのは、人の意見を踏まえて、自分の意見をどう昇華させるか、じゃないですか?
Posted by sayu at 2006年03月04日 01:29
まあ、そんなに熱くならんと・・・
と、言うつもりだった。
けど・・・

時間がたつほど、わだかまりが取れず、許せないという気持ちが膨らんで、、
たった1文「長山先生は正直たいした人じゃない」なんだけど。
たいした人でないのに、どうして話したいことがあるわけ?

人を傷つけようと思ってやったんじゃないことはわかる
でも、言い間違いですまないこともある。
恩師が死んでしまって悲しんでいる人にむかって
どうして「たいした人でない」とコメントできてしまったか。
悲しいです。

熱くならんとと言うつもりが、自分が熱くなってしまって申し訳ないことです。。
Posted by CARL at 2006年03月04日 22:11
こんにちわ、はじめて書き込みます。
桜庭知恵といいます。
今はスペインで仕事をしている某高校のOGです。

昨日偶然、ながやまんが夢に出てきました。それでああ、あれからもう4ヶ月くらい経つんだなって思ってふとホームページ探していたらSayuさんのページに出会いました。

ながやまんは桜庭知恵の人生にとってかけがえのない人であったことだけは事実です。

最後に会ったのは去年の7月下旬、東京で地震が起きた夜でした。私のスペイン行きを心からうらやましいと言って、・びに行くからと約束までしたくせに・・・その約束は果たされませんでした。代わりに駐在期間は日本に帰らないと誓った私の約束は、ながやまんによって覆されました。

ながやまんの教え子達で(世代なんか関係なく)話ができたら素敵ですね。

遠く離れたスペインからSayuさんの未来を応援させてください。

それでは。

Posted by 桜庭 知恵 at 2006年06月05日 00:43
初めまして。長山徹さんが亡くなったこと最近知りました。衝撃を受けました。今から40年前彼は本当に美少年で優れた理論家でした。いつかお逢いしたいと思い続けた歳月でした。素晴らしい先生だったこと教えて下さってありがとうございます。
Posted by さんま at 2011年11月14日 10:36
芸能人にも大人気のモバゲー!大人気モバゲーではこっそり芸能人も使っているので意外な有名人と出会えます!芸人やアイドルと出会いたい人はこのサイトを今すぐチェック!
Posted by モバゲー at 2011年12月01日 00:19
第134回 中山大障害 2011 役立つ有力情報を惜しみなく公開中!過去のデータや現地スタッフによるホットな情報が満載です!初心者から競馬歴の長い人も納得の予想法で本気でお金を稼ぐための最強競馬予想サイトです!
Posted by 中山大障害 2011 at 2011年12月16日 22:52
あなたはただじっと好みの人からの連絡を待つだけで大丈夫
Posted by 逆 ナ ン at 2012年02月11日 14:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。