☆4回生前期の目標★

・要卒単位全取り
・Reuniv
・編入試験

Kyo Naviはこちら→Kyo Navi

知識蓄えblog→反駁するためのblog



2006年02月28日

明日は。

image/freies-leben-2006-02-28T13:34:06-1.jpg

母校の卒業式らしい。


思い起こせば去年のこの時期に原チャでこけた。しかも産廃処理場の砂利道で。

あ、思い出した。

高1ん時かなんかにその産廃処理場を見に行くってのを長山さんが計画してはったなぁ。

ウチはいつも見てたから行かなかったんだけど。



というか去年の今ごろはいっぱいいっぱいやったなぁ。

ブログも書けないくらいに。

去年の2月の投稿数が一番少ないんだよな。



いや、まぁでも一番頑張ってたよなぁ。うん。



そうそう。

心境の変化ってわけじゃないですが人を嫌うのやめました。

その人はその人でそういうもんなんやっていう認識でいこうかと。

その人自身に自分の感情つけんのやめようと。


やからウチの嫌いな人ってのはいなくなるわけです。


なんか人のことをそういう感情で見続けるのに飽きた。めんどい。


いいよ。もう。好き勝手言ってなさいな。


ま、ようは考えないようになるだけ、というかどうでもいいだけだし。


そ、もうどうでもいいや。




あーなんか暗い独り言になったな。

うん。まぁそういうことで☆
posted by sayu at 13:34| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | from k-tai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中途半端からの脱却。

mixi日記と内容一緒。


まず初めに、ライブキッズ、Reuniv、SASその他諸々、私が関係している活動に関わっている人への謝罪から。






すまみせん。













違う。すみません。

あ、まじめに書こうかと思ってたんだけど、それだと堅くなりすぎるような気がするので、まぁ、あえて。


なんというか、BGMはBeethoven 交響曲第9番「合唱」第4楽章でいきます。



今日、10日ぶりくらいに自分のために外に出る気になりまして。

チャリで四条まで。新しくBALに入ったジュンク堂まで、ぶらぶらと。


その道中に、どぅぁっと気づきまして。


今の自分には必死になってるものがないな、と。


なんというか、「勉強」を理由になにもかもが中途半端なんじゃないか、と。


しかも、「勉強」までもが中途半端。


2月の前半からルーズになりつつある生活スタイルを見ても、なんというか、中途半端であったことが原因かな、と。

で、半ばには哀しい出来事もあって、そのときには「ちゃんとしないと」と思ったけども、また元の生活スタイルに戻ってしまった。


これやらなな、あれやらなな、と思いはするけど、手をつけてない。
卒論に関する調査で、小学生が春休みに入ってからやろうと思ってるのに、そのことに関して教授とお話もしてない。
ライブキッズの開催告知プロモやらなな、と思ってても、なんというか動いていいんやろか、っていうのを理由にして動いてない。
Reunivに関しても、Kyo Naviつくらな、って思ってても実際できてない。
SASに関してはこうしったらいいんちゃうん、的なことは考えてはいるけども、ミーティングにも行けないし、しかもSAS自体にも最近参加できてない。


なんじゃこりゃー、とチャリこいでて、できてないことばかりが出てきて。


たしかに1月末から引いてる風邪は治らない(というか風邪のぶり返しが続いてる)し、咳がかなり出てしんどいときもあるけど、これだけ何もかもに一生懸命になれないのは、ちょっと自分的におかしいんじゃないか、と思い始めた。


ちなみに部屋の片づけもやらなあかんのです。しかしできていない。今手をつけ始めたけど。日記書いてるけどw



んで、主な要因は「1番」がないことかな、と。


今、自分がせなあかんことは編入のための「勉強」であって、他の活動はそれより下なんだ、と位置づけてきてた。


そこが、あかんかったかな、と。



ライブキッズも
Reunivも
SASも
卒論も

1番じゃない。


そう思ってることが、これだけ中途半端に関わることになった一番の要因なんじゃないかな、と。



最近、編入のための「勉強」って何やろう、と考えていて。

編入をうけつけてる大学のHPやらを見て、求められてるものは何かな、と分析(というか分類)してみたら、ウチが受けようとしてる個性重視の大学は、やはり多彩な考え方や感じ方を持っていて、そして大学4年間で何を学び、どうやってそれを医学に活かしたいのかをちゃんと考えることができないとダメなんだろうな、と感じた。

じゃぁ、生物やら英語やらの学力試験はおろそかにしてもいいのか、と言われるとそうでもない。ある一定の学力は必要であり、そこでふるい落とされる。なんとか面接まで持って行くにしても、学力試験はなんとしてもクリアしなきゃいけない。

じゃぁ、ある一定のレベルにまで持って行けばいいことじゃないんだろうか。

じゃぁ、
編入のための「勉強」を1番に持ってこなくても、2番あたりに置いて、コンスタントに的をしぼってやっていけばいいんじゃないか。


と、四条までの30分間、そしてジュンク堂でぶらぶらとフロアをまわりながら考えた。


だから、編入のための「勉強」は、生物の大学受験用問題集の標準レベルを1冊とりあえずやるのと難レベルの1冊を2,3回やること、TIME紙を速読したあと、訳すこと、の2つに絞ることにした。

あとは、志望理由書を書くことと、小論文を書く練習をすること。
これは4月からで間に合う。


ということで、Reunivの活動に重きを置いて、4月いっぱいまでやっていこうと思う。

1.2番でライブキッズ。
泣いても笑ってもあと2週間を切ってしまっているので、当面はこっちを優先させる。


なので、SASは人数も足りてるようなので、補充メンバーになりたいな、と思ってる。でも、これはまだ代表に相談もしてないし、そこは相談してから決めるとして。



ということで、さゆっぺは中途半端から脱却します!
posted by sayu at 00:01| 京都 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | まじめに語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

リンク。

長山先生の息子さんのサイト
「Niratopia:http://niratopia.net/
息子さん作成の
「長山徹追悼サイト:http://niratopia.net/nagayama/
へのリンクを張りました。

オススメリンクからもどうぞ。


なぜかコメントできないので、ここで。

CARL氏>
いろんな「長山先生」がいはりますよねぇ。。
上位にあがってくるblogは全員元水泳部やったりしますが(苦笑)

MSNサーチ使う人っているんですかね。。。って、IEにはついてるのか。
IE嫌いだから使わないしなぁ〜。
posted by sayu at 02:08| 京都 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

そうか。。

先生の息子さんのサイトで、先生があの時間に家を出てた理由がわかった。。

一人で行っちゃうあたりが流石だな。月曜やったし、空いてるやろうし、思う存分滑れると思ったんやろな。


そういえば。

先生と撮った写真がないことに気付いた。


デジカメ持ち始めたのが高校卒業してからで。

卒業式ん時に、先生と撮った記憶がない。。でも、誰かに撮ってもらってたかもしれない。

さっき、写真を全部見てたら、先輩の時の卒業式で、先輩と先生が写ってるのがあった。

たぶん、それは先輩にあげたんだろうけど、ネガの在処がわからない。。。

OB会で写真撮った記憶がない。

先生が写ってるものといえば卒業アルバムだけか。。今のトコ。


なんというか、ウチだけが持ってる、ってものが欲しいなぁ。。


なんというか、高3の府下大会のあとに写真を撮った気がするんだけど・・・?

そこらへんどうだったかな・・・。
posted by sayu at 04:44| 京都 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

なんじゃこりゃー!

はい、みんな検索かけすぎ。

先生の名前でググったらウチのブログトップで出てくんじゃん。

いやぁ。まいった。

ってか、ブログタイトルに名前入ってるあたりでバレるかもぢゃん。いろんな人に。

いや、別にバレてもええけどさぁ。


とりあえず昨日のカウントが222ってのにびっくりした。

久々じゃん?200超えんの。


ちゃんとこっちも更新しなきゃだよねぇ。



ま、とりあえず、先生の名前で検索してきた人はコメントなりなんなり一言くださいな。
posted by sayu at 04:57| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

今年は

image/freies-leben-2006-02-20T14:00:44-1.jpg

34名いるらしい。3倍やな。10年前と。
posted by sayu at 14:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | from k-tai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

image/freies-leben-2006-02-20T13:55:59-1.jpg

なんだこの手は。
posted by sayu at 13:56| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | from k-tai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

長山徹という人

故・長山徹(53)

こんな人だったんです。


長山徹を端的に表す言葉
・関東弁
・白いポロシャツ
・白いGパン
・ウェストポーチ
・PDA
・サングラス
・アメリカンコーヒー
・社会科準備室
・Mac
・生徒の前では吸わない煙草
・教え子の前で時々吸う煙草
・裸足
・馬鹿だね〜
・隙がない理論
・自分を飾らない
・取り繕わない
・良く言って正直,素直、悪く言って頑固
・教え子を時々名前で呼ぶ(名字じゃなくて)
・神




初めて会ったのは、たしかプール。

パラソルの下でサングラスかけて帽子かぶって、本を読んでる、そんな感じ。

高校水泳部の顧問、っていうのだけ知ってて、当時は1,2コースに割り当てられてた中学水泳部のコースで泳ぎながら、関東弁でしゃべる奇妙な先生、そう思ってた。


高校に入学して、はじめての政経の授業。

担当は長山。教科書は使わない、教科書通りのことはやらない、これは現社だ、などと言い放ち、「君たち馬鹿だねぇ」をくり返す。

私はそれに反発を覚えたことはなかったけど、そう言わせないように、そう言われないように、なにくそ、とは思っていた。

1組の担任でもあり、「嫌いな先生の科目をしっかりやったら、何も言われなくなるんだよ」と言って、1組の政経の平均点が一番上だったことを笑いながら言ってはったのを覚えている。

政経の授業でやったMESE。市場のなんたるかを身をもって理解できる素晴らしい教材だった。


みんなに一歩遅れて5月に水泳部に入部してからも、中学の頃に感じた通り、奇妙な顧問だった。

自分たちで勝手にやれ、とばかりにプールサイドでは本を開ける。

「水の中往復して何が楽しいの?」と、水泳部員に言い放つ。いや、まぁ、楽しいんですけどね?

高1の秋季大会、いわゆる新人戦の時に遅刻。。。2コンか4コンかに出場する予定やったワカコが、顧問不在のせいで出れへん!どないしよ!って中でミカリン登場で、ギリギリセーフで出れた、なんて話が1つ目。

高3の春季大会、いわゆる高校総体の時に遅刻。。。男子のリレーが、顧問不在のせいで出れへん!どないしよ!って中で、前年度副顧問やったコンちゃんがたまたま太陽が丘担当やって、ひっぱってきてギリギリセーフで出れた(たしか出れた)、なんて話が2つ目。


高3時、理系倫理担当。

女性のウェストヒップ比、アスワンハイダム、磯焼け、水俣病、シュレディンガーの猫、そして超常現象。

どの題材もおもしろかったし、楽しかったし、なによりも、考えさせられた。

今でも覚えてる。

高校最後の学年末テスト。

理系倫理のテスト内容。

長山批判。


自分を批判しなさい、なんていう先生はいるかもしれないが、それをテストの課題にする先生なんてどこを探してもいないと思う。


そんな人だった。

顧問としてどうとか、教員としてどうとか、そんなことはどうでもよくて、人として、長山徹という人は教師だった。

理系倫理の授業では、「答え」はなかった。

それぞれ考えて行き着く先が「答え」

そういう授業だった。



卒業の時にもらった木村賞。

学外活動を結構していたからもらったのだけども、それを進言してくれたのが、先生だった。



卒業してからも、メールや、掲示板でやりとりは続けていた。

年に一度のOB会が楽しみだった。



とーまがblogで、柏野が「死んだらあかん人」と言っていた、と書いていた。


そう。ほんまに、死んだらあかん人や。。

これからの立命に必要な人だった。

これからの日本に必要な人だった。

教育者たるべき者すべてに彼を知ってもらいたかった。



そして、崩しようもない長山理論をまだウチは崩してない。


それだけじゃない。


まだまだ、聞きたいことはたくさんあった。たくさんあったのに。。。



この人に認めてもらおう、褒めてもらいたい、卒業してからもそう思ってた。

すごいことには、すげーじゃん、やるじゃん、なんて言う人だったけど、あまり生徒を褒めない人だった。



大きくなって、高校に報告しに行って、世間話をしたかった。





とりあえず、これくらい。

また、思い出して書くと思う。
posted by sayu at 23:14| 京都 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | まじめに語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと。

復活した。

長かったなー。メンテナンス。
posted by sayu at 00:00| 京都 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

今日

前夜式です。

昨日、お数珠とか用意したんだけど、そのあとで無宗教式と知る。


そんな気はしてた。





今日も朝から曇り空。


そして雨になるという。



みんな、泣くな。


泣くから雨になるんだよ。



晴れてほしい。


明日。


先生が旅立つその日には、冬の寒い晴れた日であってほしい。
posted by sayu at 11:37| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

no-title

先生。

長山先生。

長山さん。

長山。

徹さん。




どう呼んでも、返ってくる声はなくなってしまったんだね。


さゆこ、と呼ぶ先生もいなくなってしまったんだね。
posted by sayu at 12:21| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | from k-tai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

事実を事実として。

受け入れかけてる、って↓にも書いたけど、事実そうでもない。


夕方、新しい情報が得たくてずっと座っていたPCの前から離れるために、サラの散歩に出かけ、児童館に寄り、水曜日の介助を17時であがらせてくれ、と頼みに行き、そのまま公園へ。


公園のブランコに座りながらゆらゆらゆれて、空を見た。


iPodからfire signが流れてきた途端、涙が出てきた。


公園の藤棚のベンチに移動して、サラと一緒に座って、fire sign3,4回分、嗚咽がとまらなかった。。


堰を切ったかのように、過去のことが押し出されてきて。


大音量のfire signの中で1人、とても長い時間のように感じたけれど、その中で「いなくなった」という認識ができたのかどうかはまだわからない。


でも、本当にしたかったのは、大声で理不尽だと叫ぶことだったんだ。
posted by sayu at 22:46| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訃報。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060213-00000008-kyt-l26

高校時代の恩師が事故に巻き込まれて亡くなられた。。。


なぜ?なぜ彼なの?

どうして・・・




世の中は理不尽だ、、と叫べてしまう子どもなわけでもなく、事実を事実として受け入れつつある自分がいることに驚いている。。
posted by sayu at 21:26| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

スノースマイルでふじくん吹き出し事件勃発

いやwwびっくりしましたwww


2/8BUMP OF CHICKENライブ@大阪城ホール、参戦してきました!

セットリストはおそらく、
カルマ
Stage of the ground
アルエ
プラネタリウム
リリィ
メロディフラッグ
銀河鉄道(? Embraceの後やったかも・・・)
ギルド
太陽
Embrace
ダイヤモンド(? 天体観測のほうが先やったかも・・・)
天体観測
K
fire sign
supernova
オンリーロンリーグローリー

スノースマイル
ダンデライオン
ガラスのブルース
DANNY

すいません。
はやくアンコールのスノースマイルでの事件を語りたいんですが、まぁ、初めから(笑

いつもの曲で登場したメンバー。初っぱなからカルマ。
1年と少しぶりに聴くふじくんの声。鳥肌もの。

続くStage of the ground、アルエ。
SheがWeに変わってた。

プラネタリウムでしっとり聴かせたかと思えば、リリィ、メロディフラッグとミディアムアップで駆け抜ける。

銀河鉄道。
自分が立ってることも忘れて聞き入ってしまった。

ギルドのあとにきた太陽。初めてライブで聴く太陽に泣いてしまった。

Embrace、「もの」が「ひと」へ。
たしかなものはぬくもりだけ→たしかなひととであえただけ(? ここらへんちょっと曖昧)

バラードが続いた後にきたダイヤモンド、天体観測、Kと駆け抜けていき、fire signの全員での大合唱で観客とメンバーが一つになる。

今後もみんなで歌える定番曲となるであろうsupernova、みんな跳ねまくりのオンリーロンリーグローリー。

メンバーが下手袖にいったん引っ込み、アンコールの手拍子。

応えて出てきてくれたメンバー。

チャマのMCのあと、ヒロくんのMC。

珍しくノリノリなヒロくんが曲紹介までする。

そして始まったスノースマイル。

ふゆがさむくてほんとによかった きみのひえた・・・ぶっ・・・(確かそれくらいのタイミング)

ふじくん吹き出し笑い。

・・・・ふじくんが笑ってるっっっっっっっっっ!!!!!!

会場一瞬騒然。しかし笑いが拡がる。

なんでもヒロくんが言った言葉に原因があったようで。

ヒロくんの曲紹介がふじくんの中でかなりおもしろかったらしく耐えられなかったとか?(笑

「俺そんなお前が好きだよ・・・」

にも会場オオウケ(笑

で、仕切り直してスノースマイル。

さすがに二度目の吹き出しはなかったけれども、この季節のスノースマイルにぐっときた。

またまた下手袖にひっこみ、2度目のアンコール大喝采。

それにも応えてくれて、ますくんのスティックがぴんと伸びたと同時にダンデライオン。

気分はサイコー♪

「ごめん、もう一曲やらせて」

に、観客のテンションもさらにあがって、ガラスのブルース。
「ねこ」が「きみ」に。
ガラスのブルースでも、ふじくん唄わずにうちらが唄う、なんてシーンも。

そして、このまま終わるのは嫌だ!と思ってたら、いきなりふじくんが唄い始める。

チャマはベースを置いてしまったので、あわてて抱え直すも音が出ない。ベース抜きでやろうとしたときに、スタッフさんが予備のベースを持ってくる。
アドリブでふじくんがチャマを待って、始まったDANNY。

この曲が聴けるとは思ってなかった、ガラスのブルースがアンコール3曲目の時点で誰もが諦めてただろう、そんな中で始まったDANNY。

最後の最後に観客全員の心を持って行った!

たぶん、ふじくんは唄いたかったんだろうな、と。

大阪城ホールっていうでかいハコで、あれだけの一体感を得られるのはそうないことだと思うから。




今回のBUMP OF CHICKENのライブは大阪城ホールっていうでかいハコで、しかも席はスタンド。あんまりのれないだろうけど、自分のペースで聴けるしいいや、って思っていたけど、十分ノれた。終わった後の適度な疲労感と充足感は、今まで行ったライブで味わったことのないものだったよ。


行けて良かった。あの場にいれて良かった。


ありがとう!ありがとう!!ありがとう!!!
posted by sayu at 01:12| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BUMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

これこれ。

image/freies-leben-2006-02-07T10:28:17-1.jpg

ヒサビサに投稿して↓これかよ。

や、でも小学校のトイレて恐いょね。しかも廃校になった小学校やしね。

や、まぁでも慣れちゃいますけどね。


でもホントにいるらしい。某霊感持ちっ娘によると。

ひぃぃいっ。


あ、すみません。そこまで恐くないです。

ビビりやけど。


今日の天気って微妙な感じねーっ。

雨降りそうで降ったりしてるし。ぽつぽつやけど。

晴れるんちゃうかーいっ、ってつっこみたくなるよね。


さーて。寝ようか。寝やうか。寝ゆうか。

とりあえず八木着くまで〜。オヤスミφ(_ _)。o○グゥ
posted by sayu at 10:28| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | from k-tai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひぃぃぃぃっっ。

image/freies-leben-2006-02-07T10:15:21-1.jpg

四時婆が出るゾ…

花子さんが出るゾ…

便器から手が出るゾ…


ひぃぃぃぃっっヽ(ヽ゜ロ゜)
posted by sayu at 10:15| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | from k-tai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

件名に本文書こうとした

image/freies-leben-2006-02-03T10:50:20-1.jpg

眠いーφ(_ _)。o○グゥ

さっき知ってるダウンの子とすれ違った。彼が小学生んときに一時期学童に来てたから。比較的軽い子やったのでさっきも地元中学の制服着てた。しかも電車も一人で乗ってたみたい。

受験とかかなぁ。こんな時期に電車乗ってどっか行ってたとか…

そう。たしか中3のはず。


あー…はやいなぁ…

子供の成長は目に見えるので、年月が過ぎるのがみえちゃうからやぁねぇ。

で今更ながらに気付いた事実。

今の小1と15歳も離れてるんや…

次の1年生からウチと同い年のお母さんがいてもおかしくないんや…















Σ((◎)_(◎);)
posted by sayu at 10:50| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | from k-tai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。